しつこい爪水虫を撃退|効果の高い処方箋薬

出血や痛みなどが出る

病室

薬物療法が主に行われる

痔の症状として、最も多いとされるのが出血によるものです。痔の種類は大きく分けて主に三つあり、直腸の下や肛門周辺、または肛門の外に血が溜まり血豆のようなものが出来る痔核と肛門の皮膚が裂けてしまった裂肛、肛門周辺の皮膚が炎症を起こし化膿した痔瘻になります。痔核は、最も多く起きる症状であると言われ便秘や排便時のいきみ、長時間座ったままの姿勢など肛門を圧迫することが原因で起きると言われています。痔核や裂肛の場合は、出血し特に裂肛の場合は痛みを伴いますが痔瘻の場合は膿のようなものが出ても痛みは出ないことが多いとされています。治療法としては多くの場合は、座薬を使ったり便を柔らかくする薬物療法が行われ皮膚科でも治療が受けられます。

肛門を温めて鍛える

症状改善には、日頃から肛門を温めて筋力をつけることが大事になります。女性の場合は、もともと便秘しやすい人以外でも生理の関係でどうしても生理前は便秘になりやすくなります。生理前は体の中で水分が必要になるので、便が硬くなり排便しにくくなるからです。そのため、なるべく下腹部や肛門周辺を温めるようにして血行を促し筋力をつけることが大切です。入浴を心がけたり、足腰を中心にストレッチを行うと良いと言われています。特に、肛門を引き締めて力を抜くといったストレッチを繰り返し行っていくことで肛門周辺の血行が良くなるので症状改善や悪化防止につながるほか、再発予防にも良いと言われているので定期的に行っていくことが望ましいです。