しつこい爪水虫を撃退|効果の高い処方箋薬

白癬菌の活動を抑える

足元

真菌に効果のある成分

水虫の薬は、白癬菌の増殖を抑えて症状を改善させる薬である必要があります。白癬菌を排除できないと水虫の症状は改善されないので、市販薬で対処するのは難しいと言われています。一時的に症状を抑えることが出来ても、ケア方法によっては改善するまでに時間がかかることもあるとされています。水虫の治療には、主に外用薬や内服薬がありますが皮膚科であれば症状に合わせて適切な薬を処方してもらうことが出来ます。自分で水虫だと思っていても汗疱性湿疹など水虫に似た病気であることもあるため、しっかり検査を行う必要があります。皮膚科では、水虫であるかどうかを判断するために組織の一部を採ってその場で顕微鏡で検査することが出来るため確実な診断が受けられます。

自分に合うものを使う

水虫の外用薬には、いくつか種類があります。クリームタイプや軟膏タイプ、液状のものやスプレータイプのものまであります。クリームタイプは伸びが良く柔らかいので、塗りやすく湿ったタイプの水虫にも乾いたタイプの水虫にも使えます。軟膏タイプは低刺激性で保湿されますが、ベタベタするため乾いたタイプの症状に適しています。液体やスプレータイプは、手を汚さずに薬を塗ることが出来るので湿ってじくじくとした症状にも良いと言われています。皮膚科に行く時間がない場合や、行くまでの間の一時的な治療として市販薬を使うことも良いとされていますがその際は自分の症状に合わせて使いやすいものを選ぶようにすることが大切であると言えます。