しつこい爪水虫を撃退|効果の高い処方箋薬

爪に発症する水虫

フット

爪にカビの一種である白癬菌が侵入し発症する感染症を「爪水虫」と言います。爪が分厚くなったり白っぽく変色したと言う場合には爪水虫の可能性が高いので、早期に皮膚科で検査を行って下さい。爪水虫の治療は内服薬が主体となり、完治には半年から1年ほどかかるのが一般的です。

More Detail

出血や痛みなどが出る

病室

痔の症状改善には、病院では主に薬物療法が使われます。自宅で自分で出来る治療法としては、肛門を出来るだけ温めるようにして肛門周辺のストレッチを行っていくことで悪化防止や再発予防にもつながると言われています。

More Detail

白癬菌の活動を抑える

足元

水虫の薬には、白癬菌の活動を抑えて症状を改善させるという効果のあるものを選ぶようにします。市販の外用薬にはいくつか種類があるので、それぞれの良さを確認しながら自分の症状に合わせたものを選んで使うようにします。

More Detail

爪のトラブル

足を触る女性

治療とおしゃれを同時に

爪水虫は、爪のトラブルでよく起きる病気です。これは、爪の水虫と呼ばれていて、爪白癬という菌が住み着くことで発症します。爪水虫は、皮膚科の処方箋によって治療します。皮膚科の処方箋を医師の指示通りに服用あるいは塗布すれば、数年で完治を期待できます。とはいえ、忙しくて通院する時間がないケースも多々あります。そのような場合には、市販薬の使用が推奨されています。その中でも、爪水虫を治療しつつ、爪先のおしゃれを楽しめる商品に人気が集まっています。この種の商品は、ネイルカラーに爪水虫に有効な成分を含有しています。そのため、治療しながらも指先やつま先を華やかに演出できます。そして、クリアタイプの市販薬は、男性に支持されています。しかし、時間が作れるのであれば、医療機関へ受診しましょう。なぜなら、医療機関から処方される薬は症状あわせたものなので、市販薬よりも効果が高いからです。

爪が白くなる特徴がります

爪水虫は、爪が白っぽく変色して厚くなる特徴があります。爪水虫が悪化すると、周辺の皮膚にかゆみが発生するとともに、最終的には爪が剥がれ落ちてなくなってしまいます。爪は、力が入りやすい足先や指先を補強する役目を有しているので、欠損または消失すると、手足の末端に力が入りにくくなります。それと同時に痛みが伴うゆえ、手仕事や歩行が困難になることもあります。また、爪水虫は他人に伝染します。伝染源は、バスマットやタオル、スリッパです。これらに付着した菌に触れると、感染が広がってしまいます。そのため、爪に異常がみられる際は、すぐに皮膚科を受診して治療する必要があります。そして、家族や周囲の人にうつさないことが大切です。